FC2ブログ
 

寝取られ女装M夫と奴隷S妻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

週末の夜

お疲れ様です、藤原夫です。
一気に秋らしくなりました。涼しいだけじゃなく朝晩は寒いくらい。
風邪に気を付けてください。

ある週末の夜ついにその日が来ました。
家に帰ると料理が並んでいて妻がいろいろ準備してました。
私はシャワーを浴びていつもの奴隷に戻ります。
アナル栓に貞操帯、紙おむつを当て首輪にブラをつけ
女装をします。普段はしないメイクまでするよう妻から指示されました。
今日は仕事終わりに彼と彼の部下が来るそうです。

私達は食事の用意をして、身体を清め、到着時間の10分前には
玄関で全裸に首輪、アナル栓姿の妻と並んで正座でお出迎えです。
私のほうがブラとオムツをしてるのでいいような感じを受けますが
女装して妻にリードを持たれ、挨拶も妻が行うことでしっかりと上下関係が
出来ています。

到着すると妻がいつどおりにご挨拶して、来てくれたお礼を述べ
あたあの後ろで手を組み蟹股大股開きで股間を晒し性処理に使って
いただくようお願いをします。

今日は先日妻を使って筆おろしした彼の部下の青年と一緒とのことで
私もご挨拶をしました。ブラを外し、紙おむつを外し妻と同じ格好で
貞操帯に包まれた無毛の性器と小さく膨らんだ胸を見せ、女装奴隷の
身体の説明とアナル栓の先についたリングは夫婦の結婚指輪であることを
説明し、ご挨拶は終了です。
この躾を受けたおかげで初めて来た方には10分以内に夫婦奴隷をしっかりと
認識していただけるようになりました。彼には感謝しています。

「旦那さんの身体すごいですね。興味あります。」
私より10歳以上若く、PCオタクの彼は最近おとこの娘に興味あるみたいで
使い古された妻の身体より私の身体に興味津々でした。

そして長い週末の夜が始まりました。
妻と彼は並んでホストの席、彼の部下は向かいに座り私は机の下の定位置で
食事が進んでいきました。
スポンサーサイト
[PR]

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2016年10月15日(Sat)06:07 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。