FC2ブログ
 

寝取られ女装M夫と奴隷S妻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

週末の夜2

お疲れ様です、藤原夫です。
早速続きを書きたいと思います。

食事が済んでリビングでくつろぎます。
私は彼の下で椅子になり、妻がサービスすのが定番なんですが
今日はなんか様子が違い、ソファーにご主人様と部下の方が座り
私と妻が並んで2人の下半身に奉仕することになりました。

彼と妻はほぼいつものことで彼の足の指先から立派なペニスそして
アナルに舌入れと流れるように進んでいきます。
私は10歳は下の彼の部下に「可愛いよ、変態だね」など言われ
同じサービスを見様見真似でこなしていきます。
会って1時間ほどでこんなことを普通にさせられてる自分は本当に
最下層の奴隷であることを感じます。
ご主人様は同級生である私を寝取られマゾの最下層奴隷として
序列を示すために、奉仕を強要したり、アナルに挿入して泣かされる
ことはありますが、彼は全然違い、妻で筆おろしを済ませ、私に多少
興味をもって接してくれます。
女扱いしてくれ、小さい胸をもんで、アナルを愛撫してくれます。

そんな扱いに私は身も心も彼に気持ちよくなってほしい一心で
奉仕をさせていただきました。

命令されて男に奉仕するのではなく、精神的にも男性のことを求めて
しまうようになったのは、女性ホルモンのせいかどうかはわかりませんが
女性として男性に気持ちよくなってもらいたいという意識が生まれて
しまったのも嘘ではないです。

そんな状態で隣の妻と彼がどんなことをしてるかも、その後夫婦の寝室に
移動したことも気づくことなく、奉仕とSEXを続けました。

そして私は10歳以上年下の彼の性奴隷に落ちました。

PageTop

週末の夜

お疲れ様です、藤原夫です。
一気に秋らしくなりました。涼しいだけじゃなく朝晩は寒いくらい。
風邪に気を付けてください。

ある週末の夜ついにその日が来ました。
家に帰ると料理が並んでいて妻がいろいろ準備してました。
私はシャワーを浴びていつもの奴隷に戻ります。
アナル栓に貞操帯、紙おむつを当て首輪にブラをつけ
女装をします。普段はしないメイクまでするよう妻から指示されました。
今日は仕事終わりに彼と彼の部下が来るそうです。

私達は食事の用意をして、身体を清め、到着時間の10分前には
玄関で全裸に首輪、アナル栓姿の妻と並んで正座でお出迎えです。
私のほうがブラとオムツをしてるのでいいような感じを受けますが
女装して妻にリードを持たれ、挨拶も妻が行うことでしっかりと上下関係が
出来ています。

到着すると妻がいつどおりにご挨拶して、来てくれたお礼を述べ
あたあの後ろで手を組み蟹股大股開きで股間を晒し性処理に使って
いただくようお願いをします。

今日は先日妻を使って筆おろしした彼の部下の青年と一緒とのことで
私もご挨拶をしました。ブラを外し、紙おむつを外し妻と同じ格好で
貞操帯に包まれた無毛の性器と小さく膨らんだ胸を見せ、女装奴隷の
身体の説明とアナル栓の先についたリングは夫婦の結婚指輪であることを
説明し、ご挨拶は終了です。
この躾を受けたおかげで初めて来た方には10分以内に夫婦奴隷をしっかりと
認識していただけるようになりました。彼には感謝しています。

「旦那さんの身体すごいですね。興味あります。」
私より10歳以上若く、PCオタクの彼は最近おとこの娘に興味あるみたいで
使い古された妻の身体より私の身体に興味津々でした。

そして長い週末の夜が始まりました。
妻と彼は並んでホストの席、彼の部下は向かいに座り私は机の下の定位置で
食事が進んでいきました。

PageTop

居場所

お久しぶりです、藤原夫です。
だいぶ涼しくなり、秋らしくなってきました。まだ晴れると昼間は
暑いですが、朝晩はだいぶ過ごしやすくなってきました。

現在の私達夫婦は、近くに住む独身の中学の同級生に調教される
肉便器と家畜です。最初の頃はすごい屈辱と興奮があり妻が抱かれ
るだけでもくらくらしてましたが、今では序列もはっきりして
当たり前のようになりました。

昨年までは普通の同級生同士だったのに、今では主と奴隷。
妻も差出し、自由に使われ妻を感じさせたそのペニスを掃除する
ご褒美にもなれ、彼の前では女装し首輪姿で過ごすのも普通の
ことになりました。

そんなある日私が出張してホテルに泊まりになったとき、ご主人様は
自分の部下の20代PCオタクの童貞さんを連れて我が家に来て
妻を使って筆おろしした話をしました。
20代の何も知らない子に妻がSEXを教えそして犯される姿を想像して
すごい興奮しました。
今度おまえにも会わせて夫婦で性処理に使ってもらおうっていう話も
でています。

PageTop

夏休み

こんにちは、藤原夫です。
台風が行って少し涼しくなりました。
雨が多く降った地域の皆様はまだまだ気を付けてくださいね。

相変わらず私達夫婦は、私の古くからの友人に奴隷として使われています。
まあそれも私が友人に妻を貸し出したことから始まり、私の性癖を妻が彼に
話したことから始まったんですけど、私達夫婦はそういう形のほうがうまく
いくみたいです。
以前と同様彼が来ていないときは普通に夫婦してますし、肉体の関係は
禁止されてますが、もともとレス夫婦なんでそんなに気になりません。
お互いMのため、飼い主がいたほうが自然とうまくいきます。

友人の彼も妻の身体を楽しみ、そこそこSの為、私達夫婦を楽しませて
くれます。支配欲が強いため、夫婦の寝室は彼に取り上げられ彼>妻>私の
序列は厳しいです。妻のことは彼の前では奥様と呼ばされ、支配者であることを
明確にするため、私にも即フェラやアナルでの奉仕を求めます。

最近はよく同級生を呼んでお披露目して、全員の奴隷にしたいとか
彼の会社のBBQで性奉仕につかいたいとかベットの中で妻に話してます。

PageTop

妻からの復讐

ご無沙汰しております。
休みの朝、妻は机で私は床での朝食をすまし、
ブラとオムツ姿で4つんばいでソファーの足に鎖でつながれました。
ウイッグつけてお化粧してアナルに栓まで入れられてまた友人でも
ご招待したのかと思いおとなしく待ってました。

しばらくして家のチャイムが鳴り、やってきたのは私の同級生で妻の
ご主人様の彼でした。

インターホンの声を聴いた私は少しパニックになり
「おい、ちょっと、、、待ってよ」
妻に言いましたが、
「はーい」
と妻は簡単に通します。
「すごいね、ほんとにこんな変態なんだ。じゃあお前ら夫婦は二人
揃って奴隷だね」
「彼とのこと計画的で知ってたなら教えてくれればよかったのに
あなたが先にだましたんだからね。けどあなたもうれしいんじゃないの」
情けない姿で下向いてる私を足で倒し、オムツの上からあたりを踏みつけます。
「ほら小さいのが固くなってるよ、珍しい。私じゃ大きくならないのに」
「お前も脱げよ。今2回しかやってないから、たまってるし」

妻は彼の言葉に反応し洋服を脱ぎ、彼のジーンズを下げ、即生フェラを
夫の前で披露し、彼の趣味で無毛にした股を開き、
「夫の前で生ちんぽお願いします」
ソファーで4つんばいになり、お尻を振ってねだりました。
私も知らなかったのですが妻のアナルにも栓がしてありました。

「この変態おかまじゃ満足できないから入れてやるか」
彼は、数発妻の尻をスパンキングしてから前戯もなしに挿入しました。
妻は触られてもないのに簡単に受け入れ、彼のピストンに白い泡のような
愛液を出し感じていました。
しばらく二人で楽しんだ後、生だしされて戻ってきた精液を私にまたがり飲ませて
くれました。
その後妻の汚した彼のペニスを掃除すること命じられ、友人から奴隷の身に
落とされました。
「これで晴れて夫婦奴隷だな。ホテル代も浮くしこれからはここでたのしませてもらうわ」
彼は嬉しそうにペニスを掃除する夫とアナルを舐める妻に向かって言いました。





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。